6-2-11

世界には様々な航空会社がありますが、その中の1つと言われているのが

アメリカ国内で人気のあるデルタ航空になります。デルタ航空は、日本国内から

出発をする日もありますので、成田空港や関西国際空港などから乗ることもできます。

アメリカの航空会社ですので、日本の航空会社とは違い慣れていない人もいるかも

しれませんが、実際にシステム的な大きな違いはほとんどありません。海外旅行ですので、

国内旅行に比べると大きくマイルを貯めることができるのが魅力的になります。

マイルを貯める場合には、かつて非常にメリットがありましたが最近はそのメリットが

薄れてきていると言えるでしょう。近年マイルに関する規約が改正されましたが、

昔に比べるとメリットが少なくなってきている状態になります。アメリカに行く場合には、

機内食が出ますのでその機内食を楽しみにしている人も少なくないでしょう。

機内食は非常に様々なバリエーションがあり、何度かデルタ航空を利用した人でも

飽きさせることがありません。アメリカの航空会社ですので、日本人の口に合わない

のではないかと考える人もいますが、実際にはそのような事はなく日本人の口にも

合うようになっているのが特徴と言えるでしょう。時刻表や運行状況を見ると、

極めて平常運行している方が特徴になります。やはり世界の中心の国アメリカと

 

言われるだけあり、時間には厳しいのが特徴と言えるのかもしれません。ただ、すべての

 

飛行機が時間通りに出発するとは限りませんので、その点を少し柔軟に考えておく

 

必要があります。万が一、搭乗するのに遅れてしまった場合には、次の便に変更する

 

こともあるでしょう。この場合は、慌てずに飛行場に行き次の日の予約をすることが

 

必要になります。そのため、遅れてもいいように日ごろから予定より少し早い便に

 

乗るようにするかあるいは予定より早く移動しておくことが重要になるでしょう。

 

基本的には、最終便が行ってしまった場合には日付変更するしかありません。

 

その日のうちに到着するのは難しいかもしれませんが、現地に到着することが可能です。

6-2-11
ただし、繁忙期の場合は少し状況が異なります。基本的に繁忙期には予約がいっぱいの

 

可能性がありますので、次の日も予約がいっぱいになっている可能性が高いです。

 

このような場合には飛行機に乗り遅れた場合、対応することができない可能性が

 

高まりますので、キャンセル待ち等をして対応するしかありません。この点に関しても、

 

まとめ

 

飛行場に行きカウンターのところで相談してみるのが良いです。場合によっては、

 

違う航空会社になってしまう可能性もあります。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細