スポンサーリンク
6-1-20

近年は、東京の一極化集中が問題になっていますが一極集中することでにぎやかに

なる一方、道路などは非常に困難する傾向があります。これは今まで物流の仕事を

していた人にとっては非常に迷惑な話で、東京にいけば必ず渋滞している状況を

体験することになるでしょう。物流の人だけでなく、旅行に行く場合や営業する場合には、

道路が込んでいるかどうかが非常に重要な問題になります。道路が込んでいる場合には、

予定が大幅に遅れてしまう可能性があるため、早い段階で予測することが重要になります。

そこで首都高速の場合に関しては、道路状況をカーナビで予測するのがよいでしょう。

最近はカーナビを利用して道路状況を簡単に予測し、渋滞を回避することができる

機能も存在します。そのため、積極的にカーナビを使い渋滞を避けながら無駄のない

運転をするように心がけるべきです。首都高の場合には、混雑を前提にした道を走った方が

スポンサーリンク

早い場合も存在するでしょう。特にジャンクション周辺は渋滞する可能性がありますので

うまくした道を利用すれば考えていたよりも短時間で到着することができます。

東北方面から関西方面に行く場合や、大阪方面から関東北部などに行く場合には東京を

通った方が直線距離では早いことがわかります。ですが、いくらカーナビに案内された

としても、東京23区を走行する場合にはほぼ間違いなく渋滞にひっかかります。

 

これは避けるためには回避するべき道と、時間帯をよく頭に入れておきましょう。

 

い関しては、来た道を通らなくても慶応道が開通していますので八王子や海老名あたりから

 

圏央道に乗り、一気に東京を通らずに東北自動車道や関越自動車道に行くことができます。

 

これにより、渋滞を大幅に避けることができ、うまくいけば1時間以上よってよりも早く

 

現地に到着できる可能性もあります。ただごくまれに、圏央道などでも事故による渋滞が

6-1-20

発生していますのでこれを上手に利用しなければならないんです。また、仕事に関しては、

 

多少難しいかもしれませんが時間帯を選ぶことで渋滞を回避することは可能になります。

 

例えば、首都高速が込み合う時間を割り出してその一方で余りこまない時間を選ぶことが

 

必要になります。どのような時間帯に首都高速が混むかといえば、朝の6時から

 

まとめ

 

10時ぐらいまでです。その後、夕方の4:00から夜7:00ぐらいまでに関しては混み合う

 

可能性がありますので、それを避けることが重要になります。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細