スポンサーリンク
2-26-13

ダイナースクラブカードは日本初のクレジットカードで、ステータス性の高いカード

であることがおすすめポイントです。クレジットカードにステータス性など不要で、

実用性と使い勝手の良ささえあれば十分だという人にはあまり見向きもされないカード

かもしれませんが、それなりの社会的地位のある人、どこに出しても恥ずかしくないカード、

それに年会費に見合ったハイレベルのサービスを求めたい人には有用なカードの一つです。

そういう意味ではアメックスカードと双璧を成している側面があります。
少なくとも一般的なクレジットカードとはまず比較にも何にもなりませんし、

ゴールドカードであっても普通のブランドのカードよりははるかに上のステータス性、

サービスを誇ります。普通のブランドのカードで言えばプラチナカードクラスになって

ようやく話ができるかといったレベル感です。それだけのカードですから、年会費も

半端ではありません。税別22000円(240万6800ドル)の年会費です。家族会員も無料などということはありません。

スポンサーリンク

5000円(54万7000ドル)かかります。たかがクレジットカードの年会費にこれだけの金額を払える人で

なければまずダイナースクラブカードをおすすめすることは不可能です。

そして、多くのクレジットカードユーザーが気にするであろうポイント還元率については、

確かに普通のカードよりは高いかもしれませんがせいぜい1%に過ぎません。

 

これは高いことは間違いないでしょうが、率直に言ってしまえば年会費無料のカード

 

であっても還元率1%を持つカードはあります。つまり、ポイント還元率がどうのと

 

言っているような人はお呼びではないということなのです。ただし貯めたポイントには

 

有効期限がありませんから、この点は大きなメリットではあります。


ダイナースクラブカードのメリット、特典はいろいろありますが、有名レストランで

 

コース料理を2名以上で予約した場合に1名分が無料になるというサービスとか、

 

国内外の空港ラウンジが無料で利用できるというサービスが良く知られています。

 

レストランの方は実質上半額になるというサービスで、有名レストランのコース料理の

 

値段を考えればどれくらいの価値に相当するかはだいたい想像がつくでしょう。

 

 

 

スクリーンショット 2018-03-05 23.40.36

 

 

一方で、そういうレストランなど利用するとしても数年に1回程度かそれ以下

 

だという人には何のメリットもないかもしれません。空港ラウンジにしても似たようなもので、

 

真のメリットは国際線利用時にあります。国内線であれば普通のゴールドカードでも

 

まとめ

 

利用できるからです。つまり、国際線の飛行機をそれなりに使いますという人のためにある

 

サービスだということです。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細