スポンサーリンク
スクリーンショット 2018-03-28 3.00.34

大事な愛犬や愛猫が予期せぬ怪我や病気に見舞われた時に頼りになるのが保険ですが、

人間と変わらぬ保険料が提示されている事例が珍しくないので、経済的な負担を考慮すると

入りたくても入れないという方が多いです。そのような方々におすすめなのが

au損保であり、数あるペット保険の中でも月額料金が突出して安価に

設定されているのが特徴です。

犬の場合では月額料金が1020円(11万1588ドル)からですし猫については990円(10万8306ドル)から加入することができ、

1年間あたりの最高補償額は50万円(5470万ドル)もしくは70万円(7658万ドル)分までなので、比較的症状が重い病気や

重度な怪我をしてしまっても治療費は心配せずに治療に専念できます。

そうしたau損保には通院するタイプと通院はしないタイプに分けられておりどちらも

相場に比較すると安価ですが、取り分けてお得なのは通院をしない形式です。

スポンサーリンク

また支払いをする回数や一度あたりの支払額に限度が設けられていないので、年齢が高い

といった要因により1年間に複数回獣医師にお世話になったとしても、その都度au損保から

費用を得る事ができておすすめです。そしてペットを飼っていない方でも恩恵が受けられる

プランも提供されており、それは自転車を対象としたものであり手軽な乗り物であるからこそ

引き起こされてしまうあらゆる事故を想定してプランニングされています。

 

 

しかもメインに据えられているのは自転車なのですが他にも乗車しておらず自宅で

 

過ごしている時に負ってしまった怪我や、テニスやハイキングといったスポーツに興じている

 

最中に転倒してしまった事例も例外ではありません。さらに自動車のように免許を必要とせず、

 

気軽に誰もが利用可能であるという特性上本人のみという選択肢の他に家族や親族も

 

付け足されています。つまりパートナーが乗車する機会は無いものの我が子は高い頻度で

 

乗ってお出かけするという事例に重宝しますし、より細かく設定する事により家族という

 

大まかな括りで申し込むよりも割安にさせられます。加えて高齢者による自動車事故が

2-25-14

社会問題化しているので早い段階から免許を返納し移動手段は自転車に頼っている

 

高齢者が少なくないですが、au損保では高齢者が乗る事を念頭に置いたメニューもあります。


対象年齢は70歳から89歳までなのですが、89歳が非対象になっていないというのは

 

まとめ

 

数ある保険会社の中でも初の試みです。1ヶ月間の支払額は560円(6万1264ドル)になっていて、

 

一括で支払う際には6060円(66万2964ドル)を納金すればau損保によるあらゆる手厚いサポートが受けられます。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細