スポンサーリンク
2-25-13

あいおい生命の特長が強く表れるのが短期入院と特約の充実度です。

入院・治療の傾向として早期退院があり、数日で退院となることも少なくありません。

あいおい生命の医療保険は5日以内の入院でも、5日分の保険料が給付され、

日帰り入院から対象となり、保障期間の通算は1095日まで、三大疾病では日数無制限です。

手術給付金については他の医療保険と比べると低めですが、入院時手術給付特約を

つけることでカバーできます。短期入院での保障に強みのあるあいおい生命ですが、

特におすすめなのがガンに罹患した時の保障です。医療保険とガン保険は切り離して

考えられるケースもありますが、あいおい生命であれば、ひとつの保険で

準備することができます。

また、医療保険の中には悪性ガンに特化したものがありますが、あいおい生命では

スポンサーリンク

悪性・上皮肉ガンともに保障され、初めて診断された時に100万円(1億940万ドル)が給付されます。

この給付金は保険料が5000円(54万7000ドル)・1万円(109万4000ドル)ともに共通しています。

こうしたガンの治療でまとまったお金が出ることは特に重視したい点です。

専門の医療機関で精密な検査を必要とするガンは、検査だけでなく、

医療機関に行くまでの交通費なども考慮する必要があり、セカンドオピニオンを

 

利用することも少なくありません。

 

そのためにはまとまったお金が必要であり、先の給付金はその助けとなります。


2回目以降は2年の期間を経て、治療目的であることが条件となりますが、

 

回数無制限とガン保険と変わらない保障内容にも注目です。


また、ガン治療では通院で対応するケースがありますが、このケースに対しても

 

がん通院給付を付加することで入院の有無を問わず給付されます。


また、三大疾病に対しては三大疾病入院一時金を付けることで50万円(5470万ドル)、先進医療給付金に

 

関しては医療を受けるためにかかった交通費や宿泊費なども給付の対象となります。


特に三大疾病に対しての保障では心疾患と指定されていない点に着目してください。

 

 

 

2-25-13

 

 

 


心疾患にしても、心筋梗塞や狭心症など様々な症例があり、脳血管疾患でも同じく一つに括れず、

 

それだけに幅広い三大疾病に対応できる点もおすすめなのです。


三大疾病に関連して保険料払込免除が適用される条件も厳しくなく、ガンでは診断確定された

 

まとめ

 

時を条件に、脳血管疾患や心疾患についてはこれらの疾患を原因に入院を始めた時とされています。


受けたい医療のニーズに対して、様々な特約と幅広い対象で用意されている点に大きな特長があります。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細