スクリーンショット 2018-03-28 3.48.59

インターネット上で情報を調べるときに使うものといえば検索エンジンです。

数多くある検索エンジンの中でも古株となっているのがBingと言えるでしょう。

これはマイクロソフトが提供している検索エンジンで意思決定エンジンという

コンセプトを採用しています。他の検索エンジンとはちょっと違う内容なので必見です。

998年に開設されたサイトで当初はMSNリサーチという名称で運営をしていました。

1999年には短期間ですがAltaVistaの検索エンジンを使いLooksmartとInktomiも

採用していたのが特徴です。自社製の検索エンジンを開発したのが2004年で当初は

ベータ版として運用を開始しています。正式に立ち上げたのは2005年で画像検索機能もつき、

本格的な検索エンジンとして認知されるようになったサービスです。

2006年になるとWindowsliveサーチとして新エンジンと置き換えて運営をしています。

ニュースや音楽の他にデスクトップと一体化した検索エンジンになったのが大きな変化です。

翌年にはWindowsliveサーチから分離してliveサーチと呼ばれるサービスになっています。

今の名前になったのは2009年で新しい検索サービスBingの登場です。

Bingはインターネットを使ううえでおすすめのサービスといえます。ウェブページの

検索機能は時間指定をする事ができる、言語の絞込も可能なので的確にホームページを

 

探す事ができるでしょう。ニュース検索ではニュースの一部も表示されるのでサイトを

 

選定するときにも使えます。画像検索機能に関してはウェブページに特化に特化するもので

 

ファイルサイズや形式まで表示されるのが特徴です。


インターネット上にある動画共有サービスで投稿されている動画を検索できる機能もあります。

 

地図機能は住所や地名を使い検索可能で交通状況や航空写真も閲覧できるのが魅力です。

 

買物をしたい時に利用できる機能がショッピングといえます。ショッピングサイトに特化した

 

 

スクリーンショット 2018-03-28 3.49.24

 

 

 

 

検索を行い検索結果を絞込できるので探しものも見つけやすいです。商品検索以外だと

 

口コミやレビューも検索可能なので明確な情報を知りたい時に便利でしょう。


ユーザーが入力したテキストを自動翻訳してくれる機能も注目です。英語を日本語に

 

まとめ

 

その逆も行えるので使い勝手が良いといえます。様々な機能を装備している

 

ニュースは検索エンジンなので利用をしてみるといいです。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細