スポンサーリンク
6-1-17

お寿司といえばすしざんまいのテレビコマーシャルが夢ですが、日本全国に店舗が

あるチェーン店になります。この店の特徴は、社長が前面に出て追尾コマーシャルを

していることで、同じ寿司業界の中でも社長が前面に出て活動している会社は

あまりありません。そのため、テレビコマーシャルなどが話題になることが多く、

動画にもアップされていたりします。回転ずしとして知られているすしざんまいですが、

そのメニューを見てみるとほかの店との違いがわかります。まず価格帯はピンから

キリまでありますが、安いものは一皿98円に設定されており高いものは500円ぐらい

のものになり、例えば特上アナゴなどは500円を超えているのが特徴になります。

ほかの店との決定的な違いは、NEWSになるぐらいに大きなマグロをせりで落としている

のが特徴です。お店は活気にあふれており、テレビコマーシャルそのままとは言えませんが、

スポンサーリンク

ほかの回転ずしの店に比べると店員が握りずしのお店のような雰囲気があります。

大手フランチャイズの回転ずしの場合には、お店の人は壁の向こう側でお寿司を

握っていますが実際には機械が握っていることになります。自動で機械がシャリの形を作り、

その上に寝たをアルバイトが載せていくだけです。これに対してすしざんまいは、

握りずしと回転ずしのちょうど中間のような位置付けの店で、目の前で職人がすしを

 

握ってくれますが基本的にはお皿が回転していますので、その中で食事をすることに

 

なるでしょう。つまり、回転ずしでありながらスタイル的には昔ながらの握りずしの

 

気が強く出ています。よく見ると、座席もカウンター席のすし屋で使われているような形

 

になっており、その点はしっかりとお金をかけていることがわかるでしょう。


握りセットなども存在しており、通常の回転ずしとは一線を画する魅力あります。

 

ただ、価格帯も比較的格安なのですがちょうど両方の中間をとっており、客層設定するのが

 

難しそうだイメージがあります。高級店のお客さんならば、お金持ちの人は通いますが

6-1-17

回転ずしのお客さんはどちらかといえば庶民が通うようなところです。ちょうどその中間を

 

とっていますのでお金持でなくても気軽に本物のお寿司屋さんの一部をみることが

 

できるのは非常に魅力的といえるかもしれません。価格の設定から考えていくと、

 

ある程度お金を持っているお客さんとそれほどお金を持っていない庶民の両方が

 

まとめ

 

出入りできるお店として存在していますが、お金を持っているお客さんはどちらかと

 

言えば高級店のほうに行く傾向があるかもしれません。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細