スポンサーリンク
friendship-2326286_640

火災保険に入るとどのようなメリットと

 

デメリットがあるのかというと、まずメリットは

 

火災による損害だけでなく、自然災害によって

 

受けた被害についても保証してくれるというのが

 

一番のメリットです。

 

forest-fire-432870_640

 

例えば台風や強風、大雪や落雷による積雪などで

 

屋根が壊れてしまったり、洪水や土砂災害で家が

 

床上浸水したり、壊れたり流されたりした場合も適用されます。

 

もちろん、各保険会社やプランによっては保証内容が

スポンサーリンク

 

多少変わってくることもあるので、きちんと確認する事は大切です。

 

また、何回使用しても保険料が上がる事がないというのも

 

大きなメリットです。

 

例えば自動車保険だと一度保険を使ってしまうと等級が

 

下がり支払う保険料が上昇してしまいますが、

 

火災保険にはこのような等級制度がない為

 

何回申請しても、保険料が上がるという心配はないので安心です。

 

他にも過去3年以内のものであれば、過去に受けた損害について

 

保険会社に申請する事も可能だというのもメリットです。

 

すでに自分で費用を出し直した場合でも、直す前の写真や

 

被害が、証明できる書類を出す事が出来れば

 

保険金請求をする事が可能です。

 

遡ることが出来る

去年の被害だからと諦めるのではなく、申請すれば

 

保険が下りる可能性は充分あるので、諦めずに

 

資料をそろえて申請すると良いです。

 

一方、デメリットも存在します。

 

earthquake-1665898_640

 

まず、申請するのにとても面倒くさいという事です。

 

申請する場合は、被害を受けた箇所を調べて写真を

 

撮ったり、書類を作って保険会社に提出しなければなりません。

 

被害を受けた場所が、屋根など高所だと

 

自分で調べて写真を撮るのは危険ですし、

 

気づいたら被災していたという場合は、

 

いつ壊れたのかも特定する必要があり、とても面倒くさいです。

 

また、申請書があいまいだと虚偽の申請ではないかとか

 

自分で壊したのではないかと、

 

保険会社に疑われてしまう心配もあります。

 

申請するときに、書類にいつ被災したか分からないので

 

適当に日にちや原因を書いたりすると信用してもらえない

 

可能性もあるので、きちんと被災日と被災箇所は

 

調べて提出する事が重要です。

 

他にもこれが一番大きなデメリットといえるかもしれませんが

 

地震によって受けた被害には、保険が適用されないという事です。

 

地震による被害は、地震保険だけしか補償されません。

 

例えば地震が起きて、それによって火事がおき自宅が

 

被災した場合でも原因は地震と見なされるので

 

火災保険では補償されないという事になります。

 

これは意外と知られていないことなので、自分は

 

火災保険に入っているから地震が来ても安心だと

 

考えている人は気をつける必要があります。

 

このように火災保険には良い面とそうでない面があるので

 

良く調べてから加入する事が大事です。

 

the-mist-2636205_640

 

まとめ

火災保険のメリットは、何度申請しても、保険料が上がらないところなどがあります。

 

もしもの時のために、安心して加入できる保険を探しましょう。

 

私のおすすめの火災保険はこちら!

 

商品一覧

商品詳細