スポンサーリンク
car-accident-1995852_640

自動車保険に加入するならインターネットでの

 

申し込みをおすすめします。

 

代理店を通して契約をする場合は、

 

対面で直接商品の説明などを受けることが出来る利点があります。

 

保険会社のサービスセンターが事故などの

 

対応を行うという点では、

 

代理店でもインターネット保険でも同じなのですが、

 

代理店を通した契約だと助言を受けることも可能となります。

 

car-accident-2789841_640

 

インターネット申込みのオススメ

 

インターネットで入れる自動車保険は、

スポンサーリンク

 

代理店にかかるコストを軽減していて、

 

さらにIT技術を利用して事業コストの圧縮、

 

商品性にも工夫をしたりして保険料を安く抑えるように

 

工夫されていることが多いです。

 

保険料が安いから心配だと思う人もいるかもしれませんが、

 

保険料を抑えるように仕組みがあるのです。

 

保険料が高いか安いかはそれぞれ個人での

 

判断による部分も多いので、

 

複数の保険会社の見積もりを比較・検討することをおすすめします。

 

car-accident-2273475_640

 

どのような事故対応をしてくれるのかを確認したければ、

 

保険会社のコールセンターに問い合わせてみるのも手です。

 

最近ではインターネット保険も多様化が進んでいます。

 

インターネット保険は、インターネット割り引き

 

というものがあります。

 

割引率はかなり大きいものが多いです。

 

インターネット割り引きは、

 

インターネット上で見積もりを取り、

 

加入・申し込みをするだけで適用されます。

 

誰でも気軽に利用することが出来ます。

 

crash-test-1620591_640-2

 

インターネット割り引きは定額型、

 

階段型、定率型の3つのタイプに分けることができ、

 

保険会社によって仕組みが違うので注意が必要です。

 

定額型はダイレクト方の保険に最も多いです。

 

保険料がいくらだとしても割引率は変動しないシステムです。

 

わかりやすいものの保険会社によって割引率には差があります。

 

階段型は保険料によって段階的に割引率が

 

変動する割り引きになります。

 

割引率が段階的に変動するのはどの会社も同じなのですが、

 

金額の区分は大きく変わってきます。

 

定率型は保険料の一定割り合いを割引率として

 

設定しているものになります。

 

インターネット割り引きを利用するときに

 

注意する点は、〇円引きや〇パーセント引きという

 

数値から実際のお得な額を判断しにくいという点です。

 

新規契約と継続契約で割引率が異なる場合もあります。

 

自動車保険の割引率は表面的な、

 

数字だけを見ていると、

 

予想外の損をしてしまうことがあるので

 

しっかりと確認することが大切です。

 

インターネット上などでの一括見積もり

 

サービスなどを利用し、

 

各保険会社の保険料を比べて

 

判断することをおすすめします。

 

warning-triangle-1412348_640

 

まとめ

しっかりと、選定しインターネットで申し込めば安心です。

 

ただ、たくさん種類のある自動車保険で何を優先的に選択するかを

 

念頭に置き、進めましょう!

 

オススメに自動車保険はこちら!

商品一覧

商品詳細