スポンサーリンク
euro-447209_640

株の勉強は若い時からした方が断然いいといえます。

 

というのが今の社会を形成しているのは、企業だからです。

 

企業は株で得られた資金を元にして経済活動をしています。

 

つまり、株を知るということは今の経済活動の

 

根源を知るということであり、社会の仕組みを

 

知るというきことにもなるからです。

 

単に売買をして利益を得ることを知るということでは

 

ないということです。

 

economy-1294549_640

 

株が分かるといろいろなことが考えられるようになります。

スポンサーリンク

 

一つは資産形成というものの大切さも分かりますし、

 

会社の仕組みも分かるようになります。

 

そうなれば会社に雇用されて働くのか場合によっては

 

自分が会社を作って働くのかという選択肢も

 

考えられるようになります。

 

なぜ会社というものがあるのか、

 

どういう仕組みになっているのかが分かれば

 

当然それを活用する方法も分かってくるというわけです。

 

社会に出るということは今の社会では会社と

 

必ず関わってくることになります。

 

会社に雇用されない場合でも必ずどこかの会社と

 

関わってくることになるでしょう。

 

stock-exchange-2648118_640

 

公務員のような場合でも何かをしようとすれば

 

必ずその関係の会社を探すことになります。

 

となればその会社と関わりを持つことになるのは

 

当然ということになります。

 

とすれば、会社とは何かを知る必要は

 

出てくることになります。

 

これを知らないでいると会社がどういうものなのかが

 

分からないことになります。

 

すると、いろいろな損をすることにもなります。

 

自らの選択肢を少なくしてしまうことにもなるでしょう。

 

雇われるしかないという選択肢しか残されなくなったりするのです。

 

financial-crisis-544944_640

 

ですが、会社がどういうものか分かれば自分で起業して

 

会社を作って仕事をするということも出来るということが

 

分かります。

 

そうなれば選択肢は無限ともいってもいいほどに

 

広がることがわかるでしょう。

 

ですから、株は若い時から勉強した方がいいのです。

 

これまでの義務教育などでは、

 

あまり教えてきませんでしたが、

 

そのために損をした人はかなりいると考えられます。

 

日本ではお金に関することはあまり考えない方が

 

いいという風潮がありました。

 

そのため、教育でこれを教えることが無かったのですが、

 

そのために自分の選択肢が狭まったり、

 

社会に出てから困った人が大勢いたということにもなっていました。

 

社会に出れば当たり前のように会社が存在するわけですから、

 

これを若い時から知っておくことで将来様々なことに

 

役立てていくことが出来るでしょう。

 

arrows-2167840_640

 

 

まとめ

日本では、ファイナンスの勉強を敬遠する傾向にあり

 

海外の人日が認識している経済感覚とは違った、独自の思想が

 

働き、海外のビジネスマンと渡り歩くには、まだまだな部分が

 

ファンドに関しては多く見られるので、若いときから経済・ファンド

 

株の勉強をおすすめします!

 

株の初心者にオススメはこちら

商品一覧

商品詳細