スクリーンショット 2018-03-28 4.05.55

住宅を購入したり賃貸を借りた際に、

火災保険への加入が必要になりますが、

選び方を間違えると無駄な補償範囲が含まれていたりして、

余計な出費をすることになります。

 

賃貸では基本的に加入する保険が

決められていることも多いですが、

自分で選択できるのであれば、

無駄な保険料を払わずに済む方法を選択したいものです。

 

火災保険では補償項目が建物と家財で分けられていたり、

その範囲が細かく分類されていることもあり、

素人では判断が付きにくい部分も少なくありません。

 

まず、建物に対する補償内容は持ち家の人には必須ですが、

賃貸であれば必要ありません。

 

fire-227291_640

 

誰が入る保険なのか

したがって、持ち家の場合は全ての範囲を

検討する必要がありますが、賃貸は家財のみを中心に

考えれば余計な保険料を支払わずに済みます。

 

また、火災保険では火災以外にも落雷や

床上浸水による水害、台風や竜巻といった天災に加え、

盗難や爆発といった人為的なものも補償範囲に

含まれています。

 

とはいえ、保険会社のプランが対応しているか、

オプションとして付加できるかによるので、

加入する前にはこれらを確認しておくことが

重要になります。

 

近年では地震に対する危機感が強まっており、

保険会社も補償範囲に地震が含まれたプランも

多くなっています。

 

そのため、必要と思われる分だけ残して、

それ以外の災害の補償を外せば保険料を

安く抑えることができるでしょう。

 

建物に対する補償額は時価価格と

再調達価格で選択することができ、

前者は建物の損耗具合によって評価額が決まり、

後者は再び同じ建物を購入する際に

どれくらいの金額が必要かを算出します。

 

満足できる補償額となるのは再調達価格の方ですが、

手厚い補償を受けるには、当然ながら保険料が

高くなるものです。

 

そのため、少しでも費用を抑えることを

目的とするなら時価価格を選択するのも

良いかもしれません。

 

puzzle-pieces-2648214_640

 

家財の補償額については保険会社が

決めることはなく、自分で受け取る額を

決めることができます。

 

ただし、家財の合計金額を受け取ることは

できないので、保険料と合わせて補償内容を

決めていくと良いでしょう。

 

火災保険は保険期間を決めたり、

支払いを一括か月賦で選択することができます。

 

賃貸ではいつ退去するかわからないので、

1~2年範囲の短期で契約するのが基本ですが、

保険料は短期契約より長期契約の方が

割安となっています。

 

10年単位で住むことが決まっているのであれば、

長期契約を選択すると費用を抑えることができます。

 

また、支払いは当然ながら一括の方が割安になるので、

こちらも予算と合わせて相談してみると良いでしょう。

 

まとめ

状況によって様々なオプションが取れそうなので、まずは

情報集めからが大事になりますが、特におすすめな火災保険を

紹介できればと思います。おすすめの火災保険はこちら

 

マッチングできるのが何か、優先事項を決め検討しましょう!

商品一覧

商品詳細