fall-foliage-1740841_640

夏の暑さも遠のいて、

過ごしやすい秋になると外に出かけたくなる気持ちになりますよね。

 

秋のお出かけと言えば、

紅葉の景色を楽しみに行きたいという人も多いのではないでしょうか。

 

葉がきれいに色づくのを見ることができるのは、

きれいな期間が短かったり、天候に左右されたりと、

前もって計画しておくのは少し難しいことがあります。

 

関東圏で、ふと思い立ったときに行くことができる紅葉スポットとして、

千葉県の養老渓谷をおすすめします。

 

養老渓谷という名前を聞いたことがある人は多いかもしれません。

 

千葉県の夷隅郡大多喜町から市原市にかけて、

流れる養老川によって形成された養老渓谷には、

かえで・モミジ・ウルシ・ナラなど、色づく葉を持つ樹木が数多くあります。

 

これらが時期をずらしつつ色づくため、

比較的長い期間紅葉を楽しむことができます。

fall-foliage-1913485_640

 

いつ頃が見頃・・・

見ごろは色のつき始める11月上旬から、

12月上旬までとみられ、ピークは11月下旬くらいになるという予想です。

 

ここでは数多くのハイキングコースが、しっかりと整備されています。

 

本格的なトレッキングコースもありますが、

そんなに歩くことに慣れていない人や、

紅葉をとにかく楽しみたいという場合は初心者向けの粟又の滝まで歩く、

約4キロメートルほどのコースをおすすめします。

 

また、シーズンでは夜間の17時から21時30分までの間、

ライトアップが行われます。

 

鮮やかに色づいた樹木が夜の闇に照らされ浮き上がってくる情景は、

一度見ておく価値があると思います。

autumn-994897_640

 

渓谷周辺には、地元野菜を使ったものや渓谷の食材を

使ったグルメをはじめとして、舌でも楽しめるスポットが多くあります。

 

渓流釣り体験とセットになった食事プランもありますので、

お子様のいるご家庭や学生さんにも十分楽しんでいただける

場所になっているのではないかと思います。

 

東京方面から養老渓谷に来る場合は、

電車であれば京葉線を使って蘇我駅まで行き、

内房線に乗り五井駅で下車します。

 

五井駅から小湊鉄道に乗り換え、

養老渓谷駅で下車すれば渓谷の入り口につきます。

 

ここからバスを使って粟又の滝の方へ向かったり、

徒歩で渓谷沿いを散策することもかのです。

 

車で行く場合は、市原ICで一般道に降りてから、

国道297号線を使用して「牛久」へ向かってください。

 

その後県道81号線沿いに養老渓谷を目指します。

 

気をつけていただきたいのは、

紅葉のシーズンは養老渓谷あたりはたいへん混雑するということです。

 

渋滞につかまりたくない場合は公共交通機関の使用をおすすめします。

 

autumn-2789234_640

 

まとめ

紅葉は毎年くる自然のイベントですが、毎年同じ色付きの

紅葉ではないので、写真家の方々も同じ景色から毎年

シャッターを切られている方も大勢いらっしゃいます。

 

暑い夏が終わり、寒い冬並行する季節の変わり目を

体感することで、心も体もリフレッシュして冬に備えましょう!

 

おすすめの紅葉狩りはこちらから!

商品一覧

商品詳細