スポンサーリンク
6-1-13

今の選挙制度はいずれはネット選挙になるしかないという運命にあるといえるでしょう。

ネット選挙にするとネットがつながっていない人が選挙できないという事を言われますが、

そうした人は今の投票会場でネットで投票をすればいいだけです。別に家のネットで

投票しなければならないというわけではなく、どこでも投票できるのがこのシステムの

良いところなのですから、投票所だけではなく、友達の端末からでも投票できるように

してしまえばそれで事は簡単に終わります。ネット選挙の問題点として、ハッカーのような

人が票を操作することが出来るのではないかという事がありますが、そのような人が

いないように厳重にハッキング対策をすればいいだけです。今やネットでお金の送金など

様々な事が為されるようになっていて、それらが差しさわりなく出来ているのに、

投票だけが出来ないというのはあまりにもおかしな話です。紙を投票箱にいれて持ち歩く

スポンサーリンク

というような事を考えれば、よほど安全性という点では優れたシステムなのですが、

その安全性は無視して、不安材料だけを強調するというのは全く意味が分かりません。

マイナンバー制度も始まっているわけですから、個人がマイナンバーカードを見せるだけで

個人認証も出来るようにして、後は候補者をクリックすればそれで終了とすればよほど

間違いがない選挙をすることが出来ます。今は手書きですから候補者の名前を

 

書き間違えたり、別の候補者を書いてしまったりと、さまざまな問題が起きているわけ

 

ですから、こうした問題を一気に解決するという意味でもネット選挙には意味があります。

 

しかも、これをするようになると投票率も劇的に上がる事も考えられます。

 

今の投票は雨が降ると投票率が下がるという天候に左右されるような事も

 

起きているわけで、これはいかに選挙に行くという事が難しい事なのかという事を

 

意味してもいます。ですが、手元にある端末で簡単に出来るとなれば別にこれを

6-1-13

してもいいよという人は多いでしょう。投票率を上げるという意味でもこのシステムを

 

採用する価値は十分にあります。これだけメリットが多いのがネット選挙ですから、

 

いずれは間違いなくこちらにシステムは移行していく事になるでしょう。反対している

 

人達の理由があまりにも根拠が薄くて新しい便利なシステムに無理やりする必要はないと

 

まとめ

 

いっているだけですが、既にさまざまな問題が現行のシステムにあるわけですから、

 

それらを解決することが出来る方法があるのですから、それはやるべきでしょう。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細