スポンサーリンク
6-1-12-2

JR東日本の運行状況と時刻表は、JR東日本のホームページで確認できます。

ホームページのトップページに内に、運行情報・運休情報という項目があり、

そこをクリックすると新たなウェブページが開かれます。そのページには、

運行情報という項目の下に、関東エリアと東北エリア・信越エリア・新幹線および

在来線特急のボタンが並んでおり、運行状況を知りたいエリアをクリックすると、

そのエリアの運行状況が表示される仕組みです。4時から翌日2時の間に、

JR東日本管内で30分以上の遅れが発生していたり、30分以上の遅れが

見込まれる場合は、「遅延」と表示されます。普通は、丸印の隣に「平常運転」

と表示されます。テレビやラジオでは、遅延や運休がニュースになる場合もありますが、

ならない場合もあるため、100%完全に運行状況を把握することはできません。

スポンサーリンク

しかし、ホームページを利用すれば、確実な情報を得ることができます。

インターネットに接続できさえすれば、無料で情報を閲覧できます。
時刻表は、ホームページでも閲覧できますが、JR東日本の駅でポケット版を

入手することも可能です。その駅に限定した時刻表にはなりますが、財布に入る大きさで、

いつでも簡単に取り出して確認できるので、よく利用する駅ならポケット時刻表を

 

入手しておくと便利です。スマートフォンを常に持ち歩いている場合は、

 

インターネットで目的の駅の時刻表をすぐに表示できます。あまり使わない駅の場合は、

 

インターネットでさまざまな表を比較検討し、最も使いやすそうなものを印刷しておく

 

という方法もあります。スマートフォンを使わない場合は、そうしておくと良いでしょう。


JR東日本管内には路線も多く、駅の数も膨大であることから、目的の場所について

 

ピンポイントで調べるのは、インターネットが使えない状況の場合はかなり難しくなります。

 

インターネットを使えるならごく簡単なことですが、誰もがスマートフォンを

6-1-12-2

利用しているわけではありません。パソコンでしかインターネットを使わない場合は、

 

出先で運行状況などを知る術はありませんから、非常に不便です。ただ時刻だけなら、

 

事前にポケット版を入手しておくか、印刷しておくかできます。用意周到な準備をして、

 

出先で困らないようにしておきましょう。本数が多い路線の場合はそうでもありませんが、

 

まとめ

 

本数が少ない路線では発車時刻を知っておかないと、かなりの時間のロスと

 

なることもしばしばです。事前の準備はしっかりとしておきたいものです。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細