スポンサーリンク
5-2-14

電力やガスの自由化によって、それらの供給元である会社を選べるようになりました。

しかし、どのような基準で選択すれば良いのか分からない人も多いでしょう。

その指針として役に立つのがエネチェンジです。ホームページにアクセスして

ふだんの料金や郵便番号を入れるだけで、いろいろなプランを比較して会社の

見直しを実施できます。シミュレーションによって、どれだけ節約になるのかを

容易に把握可能です。自由化したことで新たに参入してきた会社のプランを

データベースとして構築しています。それと現在の使用状況を照らし合わせて、

おすすめと考えられるプランを優先順位を付けて表示してくれる仕組みです。

その他にもエネルギーに関する読み物もホームページ内に掲載しているので

参考になるでしょう。自分の家のプランについて詳しく知らない人は少なくありません。

スポンサーリンク

たとえば日中に電気を使うのを控えて、夜間に使用したほうが節約になると

考えているケースは多いです。ところか、それは単なる先入観かもしれないので

注意しなければなりません。多数の世帯が契約しているプランである従量電灯は、

日中でも夜間でも料金の単価は基本的に同じです。オール電化にしていない限り、

従量電灯から変更していないケースが大半なのでチェックしてみましょう。

 

そう言われても、チェックする手段が分からない人もいると考えられます。

 

そうであれば毎月郵便受けに入れられる検針票を見てください。そこに契約している

 

プランの名称も載っています。また一般的な検針票ではなく、インターネットで料金を

 

確認するシステムに切り換えている場合も、そのホームページの中にプランが

 

記載されているはずです。どうしても分からないなら、会社に電話をして尋ねれば

 

教えてもらえるでしょう。このような勘違いを改める意味でも、一度エネチェンジを

 

利用してみるのがおすすめです。電気やガスに関して視野が広がることが多く、

5-2-14

プランだけでなく会社自体を変更して節約する良い機会になります。いろいろな会社が

 

参入しているため、選択によっては月々の料金を抑えられる可能性は十分あります。

 

たとえば、大手と比べて一定の比率だけ安価になるプランを提供している会社なども

 

見受けられます。大手以外に変更した場合でも、使用できる量が減ったり復旧が

 

まとめ

 

遅れ気味になったりはしません。そのような点を心配するのではなく、

 

あくまでも節約できる金額を目安にして考えると良いでしょう。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細