スポンサーリンク
5-1-19

メットライフは、日本において外資系生命保険会社第1号として営業開始をした

歴史を持ち、沿革は1954年(昭和29年)の支店開設まで遡ります。現在、幅広い

ラインナップを用意しており、顧客はニーズやライフプランにあわせて商品を

選ぶことができます。メットライフでは契約者に対し、健康・病気のケアの両面から

附帯サービスを提供しています。サービスは提携会社を通して行われ、主な内容には

ベストホスピタルネットワークとセカンドオピニオンサービスの2つがあります。
ベストホスピタルネットワークとは、面談によるセカンドオピニオンや受診手配・

紹介サービスが可能な医療機関ネットワークを指します。契約者はメットライフを

通して受診の手配や紹介を受けることができ、医療機関にその専門分野の医師が

在籍し受入れ可能な場合に利用することができます。主治医のもとでは対応できない

治療法や手術方法が必要と判断された場合に利用できるために、契約者にとっても

スポンサーリンク

大きなメリットになります。ベストホスピタルには様々な条件が求められ、例えば症例数や

設備の有無、専門医の在籍、特徴的な診療科があることや病理医の在籍など、

数多くの内容があります。タイプには面談によるセカンドオピニオンや受診手配・

紹介サービスが可能なケースと、面談によるセカンドオピニオンのみのケースとの

 

2つがあり、多くの医療機関と提携を結んでいます。範囲は北海道から九州・沖縄エリアと

 

全国を網羅しており、全部で57の医療機関があります。セカンドオピニオンサービスでは

 

専門医ネットワークを利用して健康ライフのサポートを受けることができます。

 

ここでは、治療法に関する相談や自分の病気や症状に合った専門医の情報を得ることができ、

 

必要に応じて優秀専門臨床医の紹介を受けることも可能です。セカンドオピニオン

5-1-19

サービスでは、日本全国を網羅するドクターズオブドクターズネットワークが活用され、

 

契約者は43の専門分野から選ぶことができます。メットライフでは病気を予防するために

 

毎年の健康診断や最先端の技術による検査を訴えており、その1つとして乳がん検診に

 

関するサポートがあります。乳がん検診を受ける際には女性視点の施設を選ぶ必要があり、

 

メットライフの契約者は女性技師対応が可能な医療機関の紹介を受けることができます。

 

まとめ

 

また、施設探しの他にも専用コールセンターによる検診・予約手配も受けることが

 

できるなど、安心できる内容が設けられています。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細