スポンサーリンク
4-1-16

台風情報は台風の大きさや強さ、最大瞬間風速、存在地域、そして進行方向や

速さなどがわかる気象庁が発表している情報です。今年に入ってからいくつ目の発生か、

そしてその台風に付けられた名前も書かれています。地図上に円や×印で表されますが、

×印は台風の中心である目を表しています。×印を囲う小さな赤い円は

25m/s以上の暴風域を表し、その外側の黄色い円は15m/s以上の強風域を表します。

×印から伸びている白い予報円は、今後この円の中のどこに台風の目が進むか

わからないけれど、この円のどこかには向かうという予想の範囲を示しています。

そして、その予報円を囲う赤い円は、予報円に沿う暴風警戒域を示します。
台風が近づいている地域の人は、台風情報は必ずチェックしなければいけない

災害情報の一つです。知らなければ暴風雨の中避難する羽目になったり、

家屋の倒壊の下敷きにもなり兼ねません。暴風雨は時間が過ぎると去っていくものですが、

スポンサーリンク

その爪痕は大きいものなので台風情報は非常に注視すべきものです。
台風情報を知るにはTVが簡単でおすすめです。報道として全面で情報を

発信している局もありますが、通常の番組を放送しながら画面の一部で情報を

流している場合もあります。TVは具体的な現地の映像を見ながら、

 

リポートされる生の声が聞けるので、雨風の強さなど規模がわかりやすいです。

 

ラジオも停電時に使える情報源なので持っておくと便利なものです。

 

TVやラジオは年配の方でも使いやすいですし、一人で心細い場合は利用すると

 

不安を若干軽くすることも可能です。外出先で確認したい場合は、

 

気象庁のホームページや天気予報アプリなどを利用すると必ず確認することができます。

 

仕事から帰る時間にまともに暴風域に入るという場合に、退勤時間を調整するなどの

 

手段を選択する時に役立ちます。いつも利用している天気予報アプリであれば、

 

普段確認しているものなので見やすく使いやすいです。天気予報アプリには、

4-1-16

毎日の天気だけでなく台風情報や地震情報などの自然災害に関する情報もありますので、

 

身を守るためにも利用した方が良いおすすめアプリです。天気予報アプリは

 

種類がありますし、無料のものも多数あります。どのアプリも気象庁の発信する

 

情報を元に示しているため内容は同じなので、マークなどの見やすさと情報の

 

まとめ

 

細かさで選ぶと良いです。細かい表示がされるアプリの方が良いのは

 

言うまでもありません。自分や家族を守るためにも利用することをおすすめします。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細