スポンサーリンク
4-1-15

NTT東日本は通信事業者として最大手に君臨する大企業です。NTT西日本も存在しますが、

営業地域が違うのが特徴です。NTT東日本は主に関東から北の地域を営業地域として、

通信事業のサービスを提供しています。特に有名なのがフレッツ光と呼ばれる

インターネットの光回線サービスです。光回線を利用するならフレッツ光を

利用するのがおすすめです。国内で最も利用者が多く、実績も確かという

優れた面を持っているのがおすすめの理由です。長年の実績を持っていることから

技術力やサポート力が充実しており、高品質なインターネット回線を利用できると評判です。

広い範囲にサービスを提供していますので、他社の光回線サービスを利用できなくても

フレッツ光なら対応できる場合があります。ただしすべての地域にサービスを

提供しているわけではありませんから、利用を希望するならまずフレッツ光に

スポンサーリンク

問い合わせて対応地域なのかを調べるのがおすすめです。フレッツ光はインターネットを

快適に利用するのに欠かせない存在です。従来は電話回線を利用したADSLが主流でしたが、

低速な回線ですのでデータ量の多い動画の再生やファイルの送受信などに

時間がかかってしまうのがデメリットでした。フレッツ光なら1Gbpsという

高速な通信を可能にしますので、データ量の多い動画のストリーミング再生がスムーズで、

 

大容量のファイルをダウンロードしたりアップロードするのにストレスを

 

感じることがありません。NTT東日本のフレッツ光には3階以下の戸建住宅用の

 

ファミリータイプと集合住宅用のマンションタイプが用意されています。

 

ファミリータイプは通常料金5700円ですが2年間契約で4600円の割引料金が適用されます。

 

これにプロバイダ料金やオプション料金が加わる仕組みです。マンションタイプだと

 

通常料金3350円ですが、2年契約で2950円まで安くなります。プロバイダやオプションの

 

扱いはファミリータイプと同じです。他にも契約料と初期工事費などが発生する

4-1-15

場合がありますので、その点を承知の上で申し込みを行いたいところです。

 

先程の料金は定額制で、1ヶ月でどのような使い方をしても料金に変化はありません。

 

自宅でたまにインターネットをするくらいであれば、2段階定額プランの

 

光ライトプラス・光ライトを選ぶのがおすすめです。

 

まとめ

 

例えば光ライトプラスを選ぶと基本料金が3800円で、インターネットの

 

利用状況に合わせて上限5500円までの料金が適用されます。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細