スポンサーリンク
4-1-11

山手線はJR東日本が運行している東京都内を巡回している各駅停車の環状型の

鉄道路線です。駅の総数は全部で29駅、山手線という名称から独立した鉄道路線と

思われがちですが、正式には東海道本線と東北本線のそれぞれの支線を提供し合い、

山手線というひとつの路線が完成されています。この鉄道路線の正式な起点は

品川駅となっていて終点は田端駅となっています。また乗降者数が日本有数である

大規模駅を多数抱える路線であることも有名で、乗降者数の多い代表的な駅名は

新宿駅、渋谷駅、池袋駅といったところで誰もが一度は耳にし、また訪れたことの

ある駅ではないでしょうか。また都である東京を目指し若者が上京した際の玄関口で

ある駅もかかえています。関西方面や中国地方、四国地方、九州方面から陸路で

上京する際は東海道新幹線を利用して東京駅に到着することになります。また東北地方、

スポンサーリンク

北海道から陸路で上京する際は東北新幹線を利用のうえ上野駅にたどり着くということに

なるのです。東北の玄関口ということで長くその名を刻み込んだ上野駅ですが、

風格のある駅舎は今も健在で、東北新幹線の上野駅開業の際は新幹線ホーム建設の

スペースもなく、田端駅あたりから深く地下に潜りこむ地下ホームで対応をしなければ

ならないほどでした。東京駅も最近のリニューアル工事で非常に有名になり、

 

映画シン・ゴジラでゴジラがリニューアル後の東京駅界隈で大暴れしたシーンも非常に有名です。


また東北・北海道と関西方面の文化をつなぐのは上野駅と東京駅ということに

 

なるかと思いますが、上野から東京に向かう際の御徒町、秋葉原、神田という

 

駅の流れは文化の坩堝といった感があります。御徒町にはアメ横といった独特の

 

販売文化がありますし、秋葉原はいわずと知れた電気街でありオタク文化の聖地でもあります。

 

また神田は学生街でもあり伝統的な古書街を抱えている古き良き東京の街並みを

 

具現しているといえます。山手線の楽しさということは、庶民的な面が見られる

4-1-11

下町の雰囲気を醸し出している地域と、お金持ちが多く住んでいそうな山の手高級地域が

 

ひとつの路線で融合している点にあるといえます。路線の北部地域、大塚、巣鴨、駒込

 

界隈はどちらかといえば庶民的なエリアに位置し、南西部地域、原宿、渋谷、恵比寿、

 

目黒といった地域は、高級住宅街を抱えるお金持ちエリアだといえるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

29駅どの駅に立ち止まってみても、山手線の駅はそれぞれに風情があり人々を楽しみへと

 

誘ってくれること間違いなしなのです。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細