スポンサーリンク
2-20-14

「イラストレーター」になりたい方々はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

学生時代の将来の夢、また社会人になってもその夢を追っかけている人たちは

多いと思われます。ですがイラストレーターになりたいが具体的な方法が分からない。

そこでつまずく経験は必ずあるでしょう。一番のおすすめは「持ち込み」です。

有名な出版社に直接作品を持ち込むことで、専門家の意見を聞くことが出来ます。

しかしいきなり会社に行き、話を聞いてほしいと要求する行為は大変失礼です。

事前に「持ち込みをしたい」と出版社宛に連絡をしてください。都合により多忙で

断られてしまう場合もあります。しかし「後日のこの時間に来てください」と

指定されることもあります。この時間に伺えば、担当者に自身の作品を見てもらえます。

作品は担当者が見やすいように、きちんとファイルなどにまとめてください。
ですが一度で採用になる人は本当にごくわずかです。イラストについての細かい注意をされ、

スポンサーリンク

断られてしまうことがほとんどです。なので初めての持ち込みは、

「厳しいことを言われて当たり前」「褒め言葉は一切もらえない」という心構えで

行くことが大切です。この後は諦めずに作品を描き直し、何度も担当者に見てもらう。

またあらかじめいろいろな出版社に行き、それぞれの担当者の意見を参考に

 

するのも良いでしょう。その出版社により必要なイラストレーターは全く違います。


担当者によっては「この部分をこのように直してまた持ってきて欲しい」など、

 

少しですが好印象を持ってくれる人もいるかもしれません。もし自分とその会社、

 

雰囲気、担当者などの相性が合っていれば、専門のイラストレーターになれる可能性もあります。

 

またはどこかの出版社に就職するのもおすすめです。最初は広告など仕事をして、

 

フリーのイラストレーターのなる方々も多いです。ですが仕事の内容によっては

 

作品を描くことが難しいと思われます。イラストとは無関係の部署を担当することもあります。

 

地道に描き続けながらフリーになるチャンスを待つか、時間確保のために

2-20-14

思い切って辞職をするか、よく考えて決めてください。現在は情報システムも発達しているので、

 

自分のHPなどに作品、仕事依頼のアドレスを掲載するのもおすすめです。

 

少しでも作品を気に入った担当者から連絡が来るかもしれません。

 

まとめ

 

地道な作業になりますが、仕事をしながらでも掲載を続けることはできるので、

 

作品を見てもらうにはかなり良い方法と言えます。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細