2-20-11

エンターテインメントの分野で日本でも有数の企業であるtsutayaは、

書店から出発して現在では様々な分野に進出しています。主に書店とレンタル事業を

営んでおり、日本の各地にある店舗ではおすすめの作品をチェックできます。

事業の多角化に伴い、会社を分けることでそれぞれの事業に適した経営に変えている状況です。

創業した時の事業である書店については現在でも尊重しており、単体で見ても

日本でも上位の売上高を誇っています。事業戦略としてのtsutayaは、

豊富な在庫によるレンタルでおすすめをアピールするのと同時に

書籍などの物販も行うスタイルです。まず店舗に誘導させて、店内に様々な商品を

並べておくことで購買意欲を刺激しています。人間は1つの場所で用事を済ませることを好むので、

レンタルの返却をしたついでに欲しかった商品を買うといった良い循環です。

インターネットで色々なサービスを受けられる時代ではあるものの、

落ち着いて楽しめる場所を提供することでどこかに出かけて自分の目で

チェックしたいニーズを受け止めています。オンラインサービスにおいても

積極的に進出しており、tsutayaはDVDなどを自宅までお届けするレンタルを始めています。

店舗に立ち寄るのが難しい人でも利用しやすいとあって、会員の数が急速に伸びている状態です。

 

 

インターネット回線を通して直接コンテンツを見られるサービスも提供していて、

 

今すぐに課金して見たい需要もしっかり取り込んでいます。レンタル業界で自分に合っている

 

利用形態を選べるのはtsutayaぐらいで、同業他社を大きく離して独走しているのが現状です。

 

日本全国に店舗があることからマーケティングとしても大きな強みがあり、

 

店頭でのアンケートや店員の対応から正確なデータを収集しています。

 

近年では旧作などの一部の作品が定額で見放題という画期的なプランも打ち出していて、

 

競争が激しくなるオンラインサービスでもトップ争いに加わっているのです。


グループとしては、中古本の買い取りといった古物商などの分野にも手を出しています。

 

 

 

 

スクリーンショット 2018-03-09 2.11.40

 

 

 

 

既存の作品をレンタルするだけではなく、オリジナルのコンテンツの作成や

 

人が集まる場の構築によって将来的に優位なポジションとなるべく動いているのがtsutayaです。

 

利用することで付与されていくポイントによって、できるだけグループ内で

 

まとめ

 

購入をする人が増加しています。利用者が増えるほどブランド力が強化されていくので、

 

内部で使用できるポイントは事業の柱の1つです。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細