スポンサーリンク
スクリーンショット 2018-02-19 18.04.20

最近翻訳ソフトの発展は目を見張るほど進歩していて、わからない単語や

文章を日本語から外国語、その逆もかなりの正確さを保って理解しやすい

結果がアウトプットされてきます。 電子辞書も同じで、初めての国で

旅行をしながら外国人相手に尋ねることはできます。しかし相手が何を

言っているのかは理解できませんし意思の疎通は困難です。これは

会話だけでなく、文章だとなおさら自動ソフトから出てくる文章は

理解不能になります。 ご覧になったことがあると思うのですが、海外から

日本人を装って送信されて来る迷惑メールは自然な日本語とはほど遠く、解読して

意味を汲み取るのが困難なです。私たち日本人も熟練度が低い言語を

ソフトウェア上で外国語にしようとすれば同じような結果になるでしょう。

スポンサーリンク

これだけコンピュータ、各種ソフトウエアが発展していても人間の能力に

はかないません。そのために正確な結果を求めているのであれば本職の

プロが揃っている翻訳会社の利用をおすすめします。難点は料金が高額になり

短い文章でも数万円かかることがあるのですが、文章を翻訳エージェントに

送信するとだいたいの金額を見積もってくれます。海外に提出するために

正確な文書が必要ならネイティブチェックをしてもらえば

 

なおさらきちんとした文になります。 個人対個人の依頼でも困難さが

 

伴うのですが企業間で外国語を介した円滑なコミュニケーションは苦労を

 

伴います。とてもソフトウエアだけでは対処しようがないですし、マニュアルや

 

論文、製品説明書はやはりエージェントに依頼するしか方法はないのです。

 

エージェントに依頼する時には3社ぐらい相見積もりを取って価格が

 

安い企業に依頼するといいのですが、品質も大切なのでネットでの口コミも

 

参考にしましょう。どのエージェントにも得意不得意分野があります。

 

比較的どのエージェントもとくいな分野は医薬、機械工学などの

 

産業翻訳です。急ぐ際には特急料金での対応もしてくれることがあります。

 

大量の仕事を依頼するのであればトライアルといって最初の数ページだけ

スクリーンショット 2018-02-19 18.05.00

仕事を依頼し、数社から出てきた結果を比較検討してからいい結果を

 

出してくるエージェントに依頼するのが賢いでしょう。翻訳のでき具合を

 

中途納品してもらい、完成度と最終納期までの進捗状況をチェックすると

 

より正確で高い品質のものが期待できます。

 

 

 

まとめ

エージェントに依頼すると印刷会社や映像会社とのコネクションも

 

あるので用途に応じ、一括して仕事を依頼することもできます。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細