スポンサーリンク
スクリーンショット 2018-02-19 16.55.32

NHKの人気番組は様々ありますが、中でもおすすめなのは有名作家とコラボした

時代劇ドラマです。

直木賞作家として人気の宮部みゆきさんの作品はファンが見るので

ある程度の視聴率は取れますし、またNHKの番組で人気を博した俳優さんは

CMの本数を伸ばしていることが多いのです。

また最近では時代劇シリーズを制作するのはNHKがほとんどです。

これらは着物やかつらなどの衣装にかかる費用はもちろんのこと、

殺陣などやはり限られた役者さんしかできないことやその役者さんのなり手が

少子高齢化によって少なくなってきているという背景があります。

また韓国ドラマの台頭もあります。

スポンサーリンク

韓国ドラマが入ってきているのは日本の視聴者に受けのいいことも

ありますが、やはり日本の制作費に比べて安いというのもあるのでしょう。

ですが、やはり日本の時代劇シリーズを見たいというファンも多く、

年末や正月の特番などで時代劇物を流している民間の放送局もありますが、

平成になってから数をだんだん減らしてきています。

 

NHKではBSプレミアムなどでも海外の人気の番組を輸入するなど更に

 

パワーアップしてきています。中でもイ・ビョンフン演出作品の

 

「チャングムの誓い」を皮切りにBSプレミアム日曜日の9時は韓国時代劇ドラマが

 

ほぼ定着しつつあります。特にチャングムの誓いの作品の後は、

 

イ・ビョンフン演出作品のものはBSプレミアムからその後民間の放送局へ

 

渡されているという流れが見えてきます。それだけにNHKの製作費用を民間の

 

放送局よりもかけられるのでしょうし、確かに韓国ドラマの声優さんの声からしても

 

また韓国ドラマの字幕放送ではいくら演技が素晴らしくても、面白さが半減するように

 

感じます。例えば、BSプレミアムで放送されたイ・サンなど民放の再放送で

 

流されたこともありますが、CMでカットされているシーンが多く、何度か

 

見ている人ならわかりますが韓国語など馴染みがない人にとっては面白さが欠けると

 

思います。時代劇シリーズは固定のファンも多いのですが、それだけに長年熟練された

 

 

 

スクリーンショット 2018-02-19 16.55.57

 

 

 

俳優さんを使っていることも多く、現場の俳優さんたちも熱の入った演技を

 

見られることが多いのです。例えば最近の大河ドラマでは「西郷どん」の一こまの

 

薩摩藩の島津斉彬とその親の確執を演じるシーンでは、ピストルで

 

ロシアンルーレットをやって藩主の座を命を懸けてやり取りするシーンがありました。

 

 

まとめ

やはり名優鹿賀さんと渡辺謙さんとの綿密な打ち合わせがあったのではと

 

思わせるいいシーンでした。

 

コチラもチェック下さい!

商品一覧

商品詳細