スポンサーリンク
スクリーンショット 2017-11-20 15.00.48

LEXUSは、単にトヨタを高級にしたブランドではなく、最新のモデルは、

 

これまでの保守的なスタイルから一新されています。 昔のモデルのES300やLS400は、

 

車輪にレンガがくっついている感じがありましたが、最新モデルは、

 

非常に優れた目新しいデザインになっています。

 

 

 

 

スクリーンショット 2017-11-20 15.06.06

 

 

 

 

新しいデザイン

 

 

ラインアップを大きく分けると、ブレッド&バターモデルとジャーマンファイターモデルがあります。

 

ブレッド&バターモデルは、ESセダンやRXクロスオーバー、GX、CTハッチバックなど、

 

本来の超高級概念に忠実に作られています。 昔からファンから人気のモデルで、

 

いずれも高級外車とは一線を画していて、静粛性と高い品質が魅力です。

 

ブレッド&バターモデルのESとCTは前輪駆動車で、ESは後部座席が広く、

スポンサーリンク

 

費用が安いのが特徴です。

 

オプション機能好きの人にオススメのモデルで、ESと同じようなサイズのGSがあります。

 

GSは、スポーツタイプのRWDにすることが可能で、メルセデスEクラスに匹敵するために

 

用意されました。

 

LEXUSと聞くと、高いイメージが強いですが、割高に見合った魅力が十分にあります。

 

他の車の場合、ナビは何年かに一度、DVDなどのメディアで更新しなければならず、

 

更新の際には当然費用がかかります。

 

国産車では数千円、輸入車なら4万円程度費用が必要で、ディーラーに行って車を

 

預けないといけないので、手間が面倒です。

 

LEXUSの場合、車自体の走る、曲がる、止まるといった走行性だけではなく、

 

ナビがリアルタイムに自動更新されます。

 

G-Linkという通信サービスがあるので自動更新してくれ、特に手続きは必要なく、

 

地図更新ボタンを押すだけです。

 

 

 

スクリーンショット 2017-11-20 15.07.03

 

 

 

 

LEXUSの静粛性は、さすがトヨタの車だとうならされるものがあり、遮音材ではなく

 

吸音材を使用しています。

 

運転に必要な情報まで全て遮音してしまうという、日本車らしい特徴が見受けられます。

 

丈夫さでも定評があり、輸入車に共通している、変なところが壊れることがありません。

 

日本車と違って故障が多い、壊れて当たり前と言う海外輸入車の考えを払拭しています。

 

ブレーキも高級外車より大径で対抗キャリパーという高性能なものがついていて、

 

サスペンションはダブルウィッシュボーンです。 使っている物自体が

 

従来の日本車とは全く異なり、とにかく信頼性に長けています。

 

決して革新的な車とは言えませんが、無駄なものは一切搭載されておらず、

 

それでいながら技術は安定しています。

 

車に余分なものを求めない人にとって、LEXUSは最高の車と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2017-11-20 15.05.50

 

 

 

まとめ

新しいデザイン性と、高級感を兼ね備えた、日本車の代表LEXUS!。

 

安全性も利便性も常に革新的に、追求されています。

 

こちらもご覧ください!オススメのLEXUSはこちらから!

商品一覧

商品詳細