スポンサーリンク
スクリーンショット 2017-10-31 6.02.48

株式に手を出したけど、調査している時間の割にはあまり利益を出すことができないし、

証券会社の投資信託は手数料が気になるしと考えた結果、定期預金よりも

利子の良い社債を購入することを選ばれる方も多いはずです。

社債と言ってもその中には様々な種類があって、預入期間や利率・金利も異なり、

やはり調査が必要になります。

そんな社債の中でおすすめなのが、SBI証券でしか購入することのできないSBI債です。

 

 

 

スクリーンショット 2017-10-31 6.03.00

 

 

 

何故オススメの社債か

SBI債は発売がSBI証券のサイトで発表されると抽選販売となり

毎回、即日完売となってしまいます。

社債投資を考えているならば、まずIDを事前に作成しておかないと

スポンサーリンク

購入することはできませんので、まずはSBI債を狙うためにも口座開設してIDを

取得しておくのをおすすめします。

口座作成手数料も無料ですることもできます。

SBI証券をおすすめしたい他のメリットがあります。

それは住信SBIネット銀行との連携です。

住信SBIネット銀行の定期預金の利率も定期的なキャンペーンがあり魅力的ですが、

 

住信SBIネット銀行の口座から、簡単かつ即時SBI証券に資金を振り込むことができます。

 

コンビニエンスストアのATMを使えば、手数料がいつでも無料のため入金も

 

とてもスムーズに行うことができます。

 

また住信SBIネット銀行からSBIハイブリッド預金€€に異動させた資金にも

 

利息が定期的につき、住信SBIネット銀行の普通預金口座に預け入れておくだけよりも

 

預金を有効活用することができます。

 

 

 

スクリーンショット 2017-10-31 6.04.26

 

 

 

 

金利に注目

 

 

SBIハイブリッド預金の普通預金の金利は0.01%になります。

 

大手銀行の普通預金の金利が0.001%であることを考えると約10倍にもなり、

 

おすすめです。

 

また、日中は仕事があり、日中に取引ができない人にとって魅力的なのが、

 

SBI証券が提供しているPTS取引です。PTS取引とは、証券会社が開いた独自の市場で

 

取引ができる仕組みで朝や夜間でもリアルタイムで

 

売買をすることができます。

 

時間外というと普通は料金は上乗せ手数料がかかるのが常ですが、SBIではPTSの

 

利用手数料が通常の時間帯の手数料に比べて、

 

なんと約5%安くなってしまっています。

 

なんでそんなことが実現できるのかは不明です。

 

日中の通常取引に比べると注文が少なく流動性には欠けますが、

 

最新のニュースを受け、株式の売買のチャンスを逃したくないと思っている時には

 

欠かすことのできないおすすめのサービスとなっています。

 

 

スクリーンショット 2017-10-31 6.04.41

 

 

 

 

まとめ

 

毎回抽選販売で、即日完売するSBI社債は、とても人気であることがわかりますね。

 

でも急に社債を購入することは出来ないので、口座開設を先ずは始めましょう。

 

オススメ証券の口座開設はこちらから!

商品一覧

商品詳細