スクリーンショット 2017-11-03 8.18.35

将来が不安という人は投資に挑戦して資産を増やしておいた方が良いと考えられます。

投資と言うとリスクがある、破産するといったネガティブな考えを持つ人が多いです。

ですが、システムを理解して堅実的な資産運用をすれば、

それほど酷いことにはなりません。

損失が出ても投資した金額の1~2割程度の損失で、抑えることが可能です。

リスクの低い投資を考えるなら、マネックス証券で株取引を始めるのが

おすすめです。

現物と信用

マネックス証券では株の現物取引と信用取引を提供しています。

株の現物取引は証券口座に預けたお金のみで売買取引を行うというものです。

売買の基本である安く仕入れて高く売ることで、利益を得られます。

マネックス証券は気になる銘柄を登録しておくことができ、登録した銘柄の相場を

まとめて監視することができます。

株は予めいくらで売買するか注文しておくことができ、その相場になった時に自動で

売買してくれます。

これを指値と言い、株を仕入れたら必ず指値を入れておくと損切りや売り時を

 

逃さずに済みます。

 

現物取引は売買取引をしなくても、株を所持しているだけでメリットがあります。

 

株式会社の決算時期には株主優待と呼ばれる特別な商品を貰うことができます。

 

人気の高い株主優待は商品券や割引券、加工食品など日常生活でも使えるものが

 

挙げられます。

 

この商品の価値は最低でも1000円~2000円近い価値があり、株の長期保有で投資金額の

 

一部を回収することも可能です。

 

株の信用取引はレバレッジと呼ばれるシステムのおかげで、証券口座に預けている金額よりも

 

高い取引が可能になります。

 

 

 

スクリーンショット 2017-10-31 1.42.17

 

 

 

 

ハイリスクハイリターン

 

レバレッジは倍率を任意で上げることができます。

 

例えば、証券口座に10万円預けている時にレバレッジ2倍にすると、最大20万円までの

 

取引ができるようになります。

 

この時に得られる利益は2倍になるのですが、損失時も2倍になるので注意が必要です。

 

ハイリスク・ハイリターンですが、相場を予想してレバレッジを使う場面を限定すれば、

 

効率良く稼ぐことができます。

 

信用取引は仕入れて売るだけでなく、売って買い戻すということが可能です。

 

信用売りと呼ばれる取引で、株を所持していない状態でも売ることができます。

 

現時点の相場で売り、将来の相場で買い戻すことでその差額が損益となります。

 

信用売りは相場が下がることで利益を得られます。相場が高い時は売り注文、

 

相場が低い時は買い注文というように、相場に合わせた取引ができるのが

 

魅力です。

 

 

 

スクリーンショット 2017-10-31 1.43.42

 

 

 

まとめ

マネックス証券は、簡単に口座開設が行なえ、手数料も業界最安値で

 

サービスが利用できるので、株取引の初心者には特におすすめです。

 

こちらもチェック!そんなオススメの証券会社はこちら!

 

商品一覧

商品詳細