スポンサーリンク
スクリーンショット 2017-10-25 5.22.02

真田幸村は、戦国の英雄の一人です。

 

登場する時代が遅かったことと、父が仕えていた武田家が斜陽の時だったこともあり、

 

活躍の場が少ないことが悔やまれる、武人です。

 

軍学に関しては、父の昌幸からおいせを受けたとされている。

 

昌幸は、稀代の戦術家で、時の天下人豊臣秀吉からは「表裏比興の者」「曲者」と言われ、

 

豊臣政権下で重宝されました。

 

 

 

スクリーンショット 2017-10-25 5.23.02

 

 

 

周りは敵だらけ

 

 

 

真田家は、信濃にある豪族の出で、地域で言えば北を上杉、東を北条、南を徳川、

 

西を織田に固められて、戦国時代を最後まで生き残ったところは、

 

昌幸の戦術によるところが大きいです。

スポンサーリンク

 

その、父に学んだ軍学を活かすのは、1614年の大阪冬の陣です。

 

1600年から1614年まで昌幸親子は、紀州九度山に幽閉されていました。

 

理由は、関が原の戦いで、石田三成の西軍に組みしたからである。

 

実子で長男の信之と義理の父の、本多忠勝の懇願がなければ、間違いなく切腹でした。

 

二人の懇願により切腹は免れ、九度山に幽閉されました。

 

その幽閉中に父昌幸は生涯を閉じます。

 

 

 

スクリーンショット 2017-10-25 5.22.29

 

 

 

それから数年、豊臣対徳川の戦いが行われる運びとなり、豊臣方大阪方より客将として

 

向かい入れられ、実質戦術を指揮する指揮官になります。

 

真田家特有の戦術と真田丸という出丸を作り、大阪冬の陣で徳川方を圧倒することで、

 

徳川方からの和睦を勝ち取ります。

 

ただ、豊臣方の文官によるツメが甘いことにより、大阪城にある外堀を埋められてしまい、

 

難攻不落の大阪城が、丸裸になってしまいました。

 

しかし、真田幸村の真骨頂はここからです。

 

明らかに勝敗は決していても、ゴール設定を見誤らず、徳川家康の首を直接取りに行く

 

戦術を実行します。

 

影武者を複数用意し得意のゲリラ戦で、徳川家康を切腹直前まで追い込んだそうです。

 

しかし、多勢に無勢で最後は、討ち取られてしまいます。

 

ただ、幸村の最後まで諦めない姿勢が、今日まで語り継がれる伝説として、

 

人々の興味を引きます。

 

余談ですが、名門真田家は、松代真田藩として残っています。

 

その策略は父昌幸が、犬伏の別れといわれる、関ヶ原直前で、東西に兄弟を分け、

 

どちらに転んでも真田家が安泰するように仕向けた策でした。

 

 

 

スクリーンショット 2017-10-25 5.23.38

 

 

 

まとめ

真田幸村の生き様は、本当にかっこいいですよね。

 

彼の本名は、信繁といい父の仕えていた武田信玄の実弟の名前です。

 

武田家との繋がりも今後おはなししますね!

商品一覧

商品詳細